2009年02月22日

第5章 1

 私は何か計算違いをしていたんだろうか・・・麻子は震える身体を抱きしめながらそう考えた。
 陽平と付き合えば、もう男を探して新宿の街をさまようこともなくなると思っていた。でも、会うたびに陽平とのセックスを繰り返しても終った途端にまた欲しくなる。まるで麻薬患者が麻薬を打てば打つほどそこから逃れられなくなるように、セックスをすればするほどもっともっとと心が叫ぶ。その心の声を無視できなくて、以前よりも頻繁に夜の街にさまよい出るようになった。
 もしかして陽平は、そのことに気付いてしまったんだろうか。このところ陽平は、いくらせがんでもセックスをしてくれなくなった。それどころかとにかくクリニックへ行こう、2人で家にいちゃダメだと繰り返す。なぜ突然そんなことを言い出したのかと危ぶんでいたけれど、やはり知ってしまったということなのだろうか。しかしどうやって?
 そういえば、銀行を辞める時部長が噂がどうのこうのと言っていたような気がする。噂ってなんなんだろう。噂ってもしかして・・・。ああ、最近はなかなか考えがまとまらない。セックスをしている時以外、人の話もまともに耳に届かない。セックスがしたくてしたくて我慢ができず、黙って座っていることさえできなくなった。
 前はこれほどではなかったように思う。そう・・・初めて一晩だけのセックスをした時、その思い出だけで数ヶ月は持った。それが徐々に1ヶ月、数週間、そして数日と短くなっていった。近頃は数時間と持たないように思う。いつからこんなセックス中心の生活になってしまったんだろう。セックスのことを考えただけで身体の芯が熱くなり、いてもたってもいられなくなる。セックスができないなら生きてはいけない。死んだ方がましだと思う。もう前のように衝動を我慢することはできなくなった。自分はいつからこれほどセックスが好きになったんだろう。
 セックスが好き。私はセックスが好き? ・・・本当にそうなんだろうか。
 セックスの快楽はいつも、終わったあとの絶望感とセットだ。虚無感や焦燥感が大波のように押し寄せて私を溺れさせる。それが怖くて怖くて、何もかも忘れさせてくれる次のセックスに走ってしまう。まるでメビュースの輪のように、裏も表もなく、何が正しくて何が間違っているのかもわからない。
 私は病気なんだろうか。セックスという病に冒されているんだろうか。
 そうかもしれない。だから陽平に愛していると言われるたびに、胸が苦しくなってイライラが募るのだ。
 愛してるなんて余計な言葉を発している暇があったら、私の身体から服をむしり取り、おもむろに抱いてくれればいい。愛してるなんて、そんないい加減なありえない言葉を聞いてる余裕など私にはない。一刻でも早く、一回でも多くセックスをしなければならないのだし、私を愛する人間などこの世にいるはずがないのだから・・・。
 こんなことを考える私はやっぱりおかしいのだろうか。こんな私だから、誰も愛してはくれないのだろうか。
 ・・・わからない。誰か教えてほしい。誰か私を・・・救ってほしい・・・。

 麻子は震える身体を引きずりながら、ベッドルームを出てリビングの明かりをつけた。
 雑然と散らかった空間が、薄明かりの中にぼんやりと浮びあがる。
 ここの明かりをつけるのは2週間ぶりだ。ここ数ヶ月は掃除もしていない。する気力などどこにも残ってないのだ。
 ダイニングテーブルの上には、いつ食べたのかもわからないコンビニ弁当の残りや、ペットボトルのまま放置されたウーロン茶が置かれている。しかしそれらが麻子の目に映ることはない。真っ直ぐリビングを通り過ぎ、仕事部屋のパソコンデスクに向かい電源を入れた。インターネットに繋ぎ、セックス、病気、震えと検索をかけてみた。羅列された文章の中に、『セックス依存症』という言葉を見つけた。
 セックス、依存症? 何それ? それは病名なの?
 恐る恐るクリックしてみると、そこはセックス依存症患者が自分で開いているサイトだった。震える手で症状というところをクリックする。
 『セックス依存症とは、アルコール依存や買い物依存、薬物依存などと同じ、精神的病理現象をいう。セックスに異常なまでに執着し、それをしなければ恐怖や不安、焦燥感にさいなまれ、いてもたってもいられなくなる。セックスができなくなると、吐き気や嘔吐、貧血やめまい、身体の震えや思考能力の停止などの病的な症状に見舞われる。・・・適切な医療行為を受ける必要がある』
 まるで自分のことを言っているのではないかと麻子は思った。信じられない思いでサイトの隅から隅までをむさぼり読む。あっという間に数時間の時が流れた。
 麻子はふと、パソコンの隣に置いてあった鏡に目をやった。そこには、みすぼらしいほどに痩せ細ったひとりの女が映っていた。
 陽平は何もかも知っていたに違いない。・・・彼に会わなければ・・・。
 いつの間にか麻子は、ポロポロと涙を流し、肩を震わせて泣いていた。
posted by 夢野さくら at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 14番目の月
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27075220

この記事へのトラックバック