2009年01月31日

7

「あの・・・理沙さん? 大丈夫?」
 ショックで口を開くこともできない理沙に、リリィが心配そうに声をかけた。
 理沙は身動きひとつせず、人形のように固まっていた。
 勘違いだ。この人たちは何か大きな勘違いをしているんだ。
 理沙は何度も何度も心の中でそうつぶやき続けた。しかしそのたびに繰り返し起こる疑問が理沙を苦しめた。では、純也が見たのはいったい誰なのか。
 純也さんが嘘をついたというの? そんな・・・そんなはずはない。それはわかってる。ああ! でも・・・。
 理沙はとうとう黙っていることに耐え切れなくなった。黙っていると恐ろしい考えが頭を支配しようとする。理沙は突然大きな声を張り上げ、猛然と否定の言葉を口にした。
「嘘です! 何かの勘違いです。純也さんはお姉ちゃんとあまり会ったことがないから、たぶん他の人と見間違えたんです。絶対にそうです。そうに決まってます」
「理沙さん、そう思いたいのはわかるけど」
 ため息交じりのサツキの言葉を、理沙は勢いよくさえぎった。
「思いたいんじゃない! そうなんです! だってお姉ちゃんがそんなことするはずないもの。ありえないもの。お姉ちゃんはそんな人じゃない。あなたたちお姉ちゃんのこと全然知らないでしょ? お姉ちゃんのこと何もわかってないでしょ? 私はよく知ってます。小さいころからずっと一緒にいたんです。誰よりも一番よくわかってるんです。お姉ちゃんのこと、これ以上悪く言わないでください。そんなありもしない噂立てられて、お姉ちゃんがかわいそうです。あんまりです。ひどいです! ・・・私帰ります。こんなの耐えられません。・・・失礼します」
 理沙はまくし立てるようにそういうと勢いよく立ちあがった。
 もう何も聞きたくない。
 今にも泣き出しそうな理沙の瞳は、かたくなにそういっていた。オカマたちもつかさたちも、重苦しい空気の中で理沙の顔を見上げている。
「逃げるの?」
 低く鋭く落ち着いた声が響いた。理沙がその声の主を振り返ると、そこには薄い微笑を浮かべるサツキがいた。
「自分に抱えきれない事実は全て嘘ってことにしてしまえば、これほど簡単で楽なことはないわね。そうやって自分を騙して生きていけば、見たくないものは見ずにすむもの。そういう人とても多いわ。見ようと思えば見えるのに、決して見ようとしない人。あなたと麻子さんはすごく似てるのね、そういうとこ」
 理沙の目に力がこもった。怒りが一気に込み上げてくる。理沙は止めどもない怒りに胸が詰まった。生まれてはじめて感じる激しい怒りの塊。その塊が怒涛のごとく全身を駆け抜ける。
 同時に理沙は、その持て余すほどの激しさに戸惑いを覚えた。怒りの塊をどのように処理していいのかわからない。怒りの捌け口を見つけることができない理沙は、際限なく湧きあがる怒りになすすべもなく、黙ってサツキをにらみ続けるしかなかった。
「知りたかったのよね? あなたは全てを知りたかったんでしょ? あたし何度も聞いたわよね。覚悟がないままに真実を知ったらイヤな目に遭う。それでもいいのかって。あなた自分で言ったのよ。大丈夫だって。覚えてないの?」
 理沙は何も答えない。答えることができない。怒りと混乱で息がつまり、声が出なかったのだ。
 そんな理沙とサツキを、みんなは固唾を呑んで見つめていた。
「理沙さん、あたし言ったわね。人には家族であっても、ううん家族だからこそ知られたくないことがたくさんあるって。・・・例えばこのあたしよ。うちの両親は、あたしがオカマやってるなんて知らないわ。知ってほしくないの。もし知ってしまったら、ひどく傷つくでしょうからね。だから言わない。いくら家族であっても、血はつながってても、ひとりひとりが違う人間なの。性格も考え方も、人との付き合い方もみんな違う。あたしはあたし。あなたはあなただし、麻子さんは麻子さんの考え方や生き方がある。家族なんだから何でも知ってて当たり前だと思うのは傲慢なのよ。知らないでいた方がいいことなんて、それこそごまんとあるわ」
 サツキは一気にそこまで言うと、軽く息を吐き、理沙を正面から見つめなおした。
「それでもあなたは知りたいって言った。どんなことでも大丈夫だって言った。だったらその言葉に最後まで責任を持ちなさい。知ってしまったら最後、知らなかった時には戻れない。知ったあとに知りたくなかったなんて、口が裂けても言っちゃダメ。そんな覚悟のないやつに限って、何を聞いても驚かないから大丈夫なんて言うのよ。知ったら最後、責任を取るの。最後までとことん付き合うの。どんなに自分にとって辛く重い現実であってもね」
 理沙の胸に、サツキの言葉が強く重く突き刺さった。
posted by 夢野さくら at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 14番目の月
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26124172

この記事へのトラックバック